コストを下げて宣伝するならパンフレット印刷を試そう

印刷
広告

自分でやるより安心

宣伝のために使用するためのチラシ印刷は、自宅やコンビニでも可能ですが時間とお金を使ってしまいます。そのため専門業者に依頼することでデザインに関するアドバイスを受けることができます。また、そのような業者に頼んだ方がクオリティの高いものを作成できるでしょう。

効果的に宣伝するためには

冊子

パンフレットを作る場合、色んな会社に頼むことができます。例えば広告代理店でも扱っていますが、コンセプトを伝えることで適したものを用意してくれます。これはデザイン作成と印刷会社への手配などを一括して行ってくれるものとなります。もちろんトータルプロデュースを行うために料金は相当に高くなります。そこで直接、パンフレット印刷を行う印刷会社に頼むのもひとつの手段です。コストは当然押さえることができるのでお得です。ただし、デザインを自分で考える場合もあるので、業者選びが重要と言えます。例えば街中にある印刷会社に依頼すると、実はデザインなどの相談をすることができます。印刷会社でも宣伝ツール作成のノウハウを持っているので、どんな用途で必要なのかを伝えれば色々とアドバイスを受けることができるのです。どんな用紙を使って何ページくらいのボリュームにするのか、デザインはどのようにするのかを適切に教えてくれます。もし初めてパンフレット印刷を頼むのであれば、このような印刷会社に頼むとお得です。けれども周辺に印刷会社がないという場合には、ネットプリントを利用するのも良いでしょう。ネットプリントもパンフレット印刷を行いますが、そのデザインに関してもテンプレートを用意して無料で使用できるようになっています。しかも用途に応じて適するものがあるので、そのまま流用することで簡単に注文できます。必要なデータもサイトからアップロードできるので、全国どこからでもパンフレット印刷を頼むことが可能です。

冊子

オリジナルの冊子を作製

同人誌の印刷を希望する場合、サービスの選び方が大切です。技術力やオプションなどを確認して、最適なサービスを選びます。サンプルを請求すると、事前に仕上がりが分かります。加工や素材の選択肢が豊富なサービスは、概して便利です。納品までのスケジュールも、要確認事項となります。

ハガキ

効率の良いDMは

ダイレクトメール(DM)での最大のネックは送料が高いということです。送料がもっとも安いのがハガキサイズですが、使える面積が限られます。この面積を増やすことができるのが圧着ハガキになります。圧着ハガキを使うことでハガキサイズの2倍から6倍の面積のダイレクトメールを送ることができます。